Untitled
Untitled
+
Now playing  ♫ “ルパン三世主題歌 II” by 奥田民生 | via #soundtracking app
+
Now playing  ♫ “さすらい” by 奥田民生 | via #soundtracking app
+
+
salamandarium:

(via Twitter)
+
myampgoesto11:

Chocolate Skulls Gone Nuts by Ruth and Sira Garcia | On Tumblr
My Amp Goes To 11: Twitter | Instagram
myampgoesto11:

Chocolate Skulls Gone Nuts by Ruth and Sira Garcia | On Tumblr
My Amp Goes To 11: Twitter | Instagram
myampgoesto11:

Chocolate Skulls Gone Nuts by Ruth and Sira Garcia | On Tumblr
My Amp Goes To 11: Twitter | Instagram
myampgoesto11:

Chocolate Skulls Gone Nuts by Ruth and Sira Garcia | On Tumblr
My Amp Goes To 11: Twitter | Instagram
myampgoesto11:

Chocolate Skulls Gone Nuts by Ruth and Sira Garcia | On Tumblr
My Amp Goes To 11: Twitter | Instagram
myampgoesto11:

Chocolate Skulls Gone Nuts by Ruth and Sira Garcia | On Tumblr
My Amp Goes To 11: Twitter | Instagram
myampgoesto11:

Chocolate Skulls Gone Nuts by Ruth and Sira Garcia | On Tumblr
My Amp Goes To 11: Twitter | Instagram
myampgoesto11:

Chocolate Skulls Gone Nuts by Ruth and Sira Garcia | On Tumblr
My Amp Goes To 11: Twitter | Instagram
myampgoesto11:

Chocolate Skulls Gone Nuts by Ruth and Sira Garcia | On Tumblr
My Amp Goes To 11: Twitter | Instagram
myampgoesto11:

Chocolate Skulls Gone Nuts by Ruth and Sira Garcia | On Tumblr
My Amp Goes To 11: Twitter | Instagram
+
kidmograph:

M_RR_RS
higher version: http://giphy.com/gifs/ToMjGpJKWRh40Yv5iLe
+
+
tkr:

毎日カラスヤサトシ/カラスヤサトシ 236「電車でAV」 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ
+
bushdog:

Amazon.co.jp: figma テーブル美術館 考える人 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)
bushdog:

Amazon.co.jp: figma テーブル美術館 考える人 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)
bushdog:

Amazon.co.jp: figma テーブル美術館 考える人 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)
bushdog:

Amazon.co.jp: figma テーブル美術館 考える人 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)
bushdog:

Amazon.co.jp: figma テーブル美術館 考える人 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)
bushdog:

Amazon.co.jp: figma テーブル美術館 考える人 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)
+
"

モロゾフ氏は、このシステムを作製するにあたって非常に長い時間装置とやりとりしていたので、フィードバックが適切にできるようになったという。「自分の認知活動や気分、集中度を変えるだけで、像を好きなように移動させたり変化させたりすることができる」という。

ソラリスというプロジェクト名は、スタニスワフ・レムによるSF小説(邦題は『ソラリスの陽のもとに』) にちなんだものだ。この小説には、惑星ソラリスを軌道上から観察する宇宙飛行士たちが登場する。
惑星ソラリスは、知性を持つ有機体である海に覆われており、この海によって数々の不可解な現象が起きる。「ソラリスの海」とのコミュニケーションを図る宇宙飛行士たちを通して、人間のコミュニケーションの限界を哲学的に探究した物語だ。

モロゾフ氏らは、ソラリスの知的で抽象的なテーマを、もっと親密で楽しい双方向体験のなかで探究したいと考えた。「われわれは、人間の心を鏡のように映し出すソラリスの海という概念を、『心』を読むことができる機械と結びつけることに決めた」。

その結果生まれたのが、ヘッドセット装着者の前頭葉が発する電気パルスを、独自の視覚的パターンに変えるこの「鏡」だ。
装着者はそれぞれ違う反応をするが、ほとんどは、最後にはこの液体と結びつきを感じるようになるという。

"
脳波で交信できるアートな液体「ソラリス」 Page2 « WIRED.jp (via bushdog)